ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)について

内科

ピロリ菌治療(除菌)の必要性

   これまでのピロリ菌に関する研究では、胃癌患者の99%がピロリ菌に感染していることがわかりました。また、ピロリ菌に感染している人は、ピロリ菌に感染していない人に比べ、胃癌のリスクが5倍以上にもなることがわかっています。つまりピロリ菌感染の有無を知ることが、将来的な胃癌のリスクを見極める意味で重要なのです。そして、もしピロリ菌感染をしていたならば、早目にピロリ菌を治療する(除菌する)ことにより、胃癌のリスクを減らせるのです。

ピロリ菌治療(除菌)の流れ

  1. 胃内視鏡検査を行います。これは、ピロリ菌治療する前に、胃の状態を確認し、大きな病気がないかどうかを調べます(保険診療でピロリ菌関連検査・治療する場合、厚労省の規則により、特殊な例を除き、胃内視鏡検査は必須です。胃内視鏡を行わない場合は、保険が使えず自費診療となります)。
  2. ピロリ菌の存在を、血液検査で確認します(人間ドック等でピロリ菌感染を指摘された場合は、結果を持参していただければ省略いたします)。
  3. 胃に大きな病気がないのを確認したら、ピロリ菌の治療(除菌)を開始します。除菌方法は3種類のお薬を1週間飲むだけです(抗生剤2種類、胃薬1種類)。
  4. お薬を飲み終わったら、その2か月後に治療効果判定(除菌できたかどうか)をいたします(便検査)。治療成功率は約90%です。万が一治療がうまくいかなかった場合は、お薬の内容を変えて再治療が必要になります。

以下に示す条件の方は保険診療ができないため、自由診療でのピロリ菌治療となります。

  • 抗生剤にアレルギーのある方
  • どうしても胃内視鏡をやりたくない方

ピロリ菌治療の注意事項

  1. 薬の飲み忘れは、治療成功率を下げますので注意してください。
  2. アルコール摂取は、適度であれば問題ありません(一度除菌に失敗している方は禁酒が必要です)。
  3. 喫煙は治療成功率を下げますので、治療中は禁煙をおすすめします。
  4. ピロリ菌感染が長期に及んだ高齢の方は、除菌だけでは胃癌の発生を防ぐことができないことが示されていますので、ピロリ菌がいたとしても、除菌するかどうかはよくご相談させていただきます。

わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。