経鼻胃内視鏡(胃カメラ)

内視鏡

   胃カメラと言えば、口から飲むのが常識でしたが、それは、カメラが太すぎて、鼻から入れられなかったからです。ここ最近、鼻からの胃カメラ、いわゆる経鼻胃内視鏡(胃カメラ)が注目されるようになってきました。胃カメラを細くする技術が発明されたことが要因です。しかし、当初は、画像解像度が悪く、細くはなったけれども画面が不鮮明で病気の見落としにつながる可能性が危惧されていました。しかし、最近、それらの問題点も改善され、広く普及するようになってきました。そねクリニック丸の内でも、苦痛の少ない経鼻胃内視鏡をご準備しておりますので、ご希望の方は、気軽にご相談下さい。

経鼻胃内視鏡(胃カメラ)検査の流れ

【検査まで】

  1. 検査前日の夜9時以降絶食となります。当日朝は食事を摂らないで下さい。水に限り水分摂取はかまいません(お茶、コーヒー、牛乳、ヨーグルトは禁止です)。検査1時間前からは水分摂取も禁止になります。

  2. 当日朝の心臓や血圧の内服薬は通常通り内服していただきます。当日朝の糖尿病の薬やインスリン注射は低血糖になりますので中止して下さい。

  3. 現在内服している薬を確認するために薬手帳や内服薬一覧表もしくは薬自体を当日持参するようお願いいたします。

【検査の実際】

  1. 検査15分前に鼻の通りをよくする作用と鼻血を出にくくする作用の点鼻薬を鼻に注入します。

  2. 検査10分前に鼻の麻酔薬のゼリーを注入します。

  3. 検査5分前には鼻腔を広げる柔らかゴム製のチューブを挿入します。

  4. 検査時間の目安は約5~10分です。

  5. 検査中に口の中に溜まってくる唾液は、飲み込まずに垂れ流してください。

  6. 検査中に異常が疑われる場合は、色素の散布や、良性・悪性の診断を目的に粘膜組織の一部を採取(生検)する精密検査を行うことがあります。

【検査後】

  1. のどの麻酔がとれるのに30分程度かかります。

  2. 飲食は、のどの麻酔がとれ、飲み込む反射(嚥下反射)が正常に戻るまで約1時間お待ち下さい。

  3. 検査後、のどの奥が多少ひりひりしたり、胃内に空気が残り多少お腹が張ったりすることもありますが、これらの不快感は時間が経てばなくなりますのでご安心ください。

経鼻胃内視鏡(胃カメラ)検査ができない場合

次の方は、経鼻胃内視鏡をおすすめしません。経口胃内視鏡となります。

  • 鼻腔が狭くて、内視鏡が通過できない方
  • 鼻出血が起こりやすい方
  • 特別な血液抗凝固剤(血をサラサラにする薬)を飲んでいる方
  • 鎮静剤を使用する方(経鼻内視鏡では鎮静剤を使用することはできません)