胃ABC検診(胃癌リスク検診)

内視鏡

胃ABC検診(胃癌リスク検診)とは

胃癌検診と言えば、バリウムを飲んだり、胃カメラを飲んだりしなければならず、なかなか気が進まない方が多かったと思います。しかし、最近の胃癌に対する研究が進んできて、血液検査でもある程度胃癌になるリスクを調べることが可能になってきました。これは、胃癌ができやすい条件がわかってきたことと、それを血液検査で調べる技術が進歩した事が要因です。それでは、胃癌ができやすい条件とは何かというと、ピロリ菌に感染しているかどうかと胃の粘膜がすり減っているかどうか(粘膜萎縮)の2点です。これらを血液検査で調べ、その結果に応じて、胃癌のなりやすさを判定します。胃バリウム検査や胃カメラ検査がどうしても苦手な方やお忙しい方は、まずABC検診を受けてみてはいかがでしょうか。

胃ABC検診(胃癌リスク検診)の方法

ABC検診は、血液検査でピロリ菌の有無と胃粘膜の萎縮の程度を反映するペプシノーゲンという物質の濃度を測定するだけです。これは、胃癌というものが、ピロリ菌によって荒らされた胃粘膜にできやすいことを利用したものです。ピロリ菌は、長きにわたって胃粘膜を攻撃し、それにより胃粘膜をすり減らせ癌を発生させるのです。しかしあまりにも胃粘膜萎縮がひどいと、胃の環境が変わってしまい、ピロリ菌は死んでしまいます。胃粘膜萎縮がひどいのに、ピロリ菌がいないのは、一番胃癌になりやすい胃の状態と考えられています。

胃ABC検診(胃癌リスク検診)の判定

分類 ピロリ菌 胃粘膜萎縮
(ペプシノーゲン)
判定
(胃癌のできやすさ)
A 陰性 陰性 できにくい
B 陽性 陰性 ややできやすい
C 陽性 陽性 できやすい
D 陰性 陽性 かなりできやすい

※ B~Dの方はバリウムや胃カメラの検査をおすすめします。

胃ABC検診(胃癌リスク検診)で注意すること

  1. 以下の方は胃ABC検診を受けることができません。
    • おなかの症状のある方
    • 食道、胃、十二指腸の疾患で治療中の方
    • 胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプインヒビター)を服用中もしくは最近2か月以内に内服していた方
    • 胃切除された方
    • 腎不全の方(クレアチニン3以上)
    • ピロリ菌の除菌治療を受けた方
  2. ABC検診は胃癌の有無を調べているのではなく、あくまでリスク(胃癌のなりやすさ)の検査なので、現時点の胃癌の有無を調べるのであればバリウムや胃カメラ検査をおすすめします。
  3. A群でも胃癌ができる可能性はあります。
  4. バリウムや胃カメラは現在の胃癌の有無を調べる検査、ABC検診は将来の胃癌のなりやすさを調べる検査と考えてください。

わからないことがありましたら、気軽にご相談ください。