喘息外来

内科

喘息について

 喘息と言えば、子供のころに「ぜーぜー、ヒューヒュー」と苦しい経験をした方も多いと思います。しかし、この現代のストレス社会や食生活の変化により、大人の喘息も増えてきています。大人の喘息は、仕事の妨げになったりと大変困ってしまうこともあり、また、重症な喘息になると、命をおびやかされたりすることもあります。

普段、人間は、鼻や口から入った空気が気管支を取り肺に入っていきますが、喘息は、この気管支に問題が起きるのです。一般的には、アレルギー体質の人が、ダニやカビ等を吸い込むことにより、気管支でアレルギー反応が起き、気管支に炎症を起こしてしまいます。これが、咳や息苦しさ等を引き起こします。また、アレルギー体質でなくても、かぜ等のウイリスが気管支に入り込むと、それが刺激になり喘息を発症してしまうこともあります。

喘息のメカニズム

Medical Note より

 喘息には、代表的な「気管支喘息」とその一歩手前の状態にある「咳喘息」があります。
「気管支喘息」は、慢性的な炎症が気管に起こり続け、何かのきっかけ(カビ、ダニ、ウイルス)に喘息発作を引き起こし火が燃え上がってしまうのです。一方「咳喘息」は気管支喘息の前兆であり、放置していると、約3割の人が、「気管支喘息」に移行してしまうと言われています。

気管支喘息とは

気管支喘息は大人でもよくみられる咳を主症状とする気管支の慢性的な炎症が原因の病気です。アレルギーが関係していることがあります。
以下のような咳でお悩みの方はご相談ください。

  • たばこは吸わないのに咳が出る(40歳以上で喫煙されている場合はCOPDも疑えます)
  • アレルギー体質である
  • 小児喘息があった
  • 気管支拡張薬の吸入で楽になる
  • 家族に気管支喘息の人がいる
  • 喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)や呼吸困難を伴う

気管支喘息の診断

  • 胸部レントゲン写真撮影では通常異常を認めません。
  • 肺機能検査では空気の流れが悪くなる=気流制限が確認されます。
    気管支拡張薬を使用すると気流制限が改善されることが喘息の特徴です。
  • 血液検査でアレルギー反応を認める場合もあり、特にハウスダストとダニに対するアレルギーが多く認められます。またペットを飼育されている方にはペットのアレルギーが原因となっていることがあります。

気管支喘息の治療

  1. ステロイド薬(吸入・内服)
  2. 気管支拡張薬(吸入・貼付)
  3. 抗アレルギー薬
  4. ヒト化抗ヒト IgEモノクローナル抗体製剤

主に治療に使われるのはステロイド薬と気管支拡張薬です。
ステロイド薬は吸入で使用するのが一般的です。また気管支拡張薬は吸入薬、貼付薬があります。最近では症状に合わせて吸入ステロイド薬・吸入気管支拡張薬の合剤を使用することが増えています。

タバコは喘息を悪化させるだけでなく、吸入薬の効果を低下させてしまうため、患者本人のみならず周囲の人も禁煙協力が必要です。気管支喘息は高血圧や糖尿病のように慢性の病気であり、継続的な治療が必要です。発作が起きないように普段から適切な薬を適切に使用することで、健常者と同様の生活を送ることができます。症状が落ち着いてからもきちんと診療を続け、自己判断で治療を中断しないようにしましょう。

また気管支喘息以外にも慢性的に咳の続く原因として、カゼ症候群後の咳、咳喘息、アトピー咳漱、胃食道逆流、副鼻腔気管支症候群、後鼻漏、薬剤性咳漱、COPDなど色々あります。それぞれ使用する薬剤は異なるので、きちんと診断したうえで、適切な治療を受けましょう。

止まらない咳は咳喘息かも?

咳が止まらなくなって困った事ってありませんか?もしかしたら、それは咳喘息かもしれません。咳喘息は、気管支喘息とほぼ同じ病態と考えられています。ただし、気管支喘息と違って、「ぜーぜー、ヒューヒュー」のような症状もなく、ただ乾いた咳が出続けるというものです。風邪の後に、なぜか咳だけが続くとか、毎年ある時期に1か月くらい咳が止まらない等、咳喘息の可能性も考えられます。

咳が続く方で以下のような症状があるときは、咳喘息の可能性もあります。

  • 通常の咳止めを飲んでも咳が止まらない
  • 毎年、咳で悩んでいる
  • 夜間から明け方に咳がでやすい
  • 咳が発作的にでて止まらなくなる
  • 冷気やほこりの刺激や、会話中や運動によって咳は誘発される